宗教法人設立

ani00021

宗教法人設立

宗教法人の設立手続きの順序
1000006722_junjo2

宗教法人を設立しようとする場合の前提条件としての要件

①宗教法人になろうとする団体が既に存在していること。

②現に活動していること

③現に教義を持ち、その教義を広め、儀式を行っていること

④信者を強化、育成していること。

⑤礼拝施設(土地や建物)を有し、法人設立後、法人の所有が可能であること

宗教法人と行政書士
新規に宗教活動をはじめた教団の場合

宗教法人の許可をめざす為には、これから3年間の宗教活動の事実の積み重ねが必要であり、さらにそれを書類化して監督官庁に提出するということになります。

従いまして行政書士と依頼者は二人三脚で進んでいく必要が出てきます。

宗教活動と言うものがどういうものなのかわかっていないとこの方面での適切なお手伝いが出来ません。

この点私は現実に宗教法人の役員を努めたこともあり複数の寺院の経営に口添えをしております。大船に乗ったお気持ちでお任せ下さい。

宗教法人の隠れた悩み
納骨堂・霊園の「名義貸し」かっての土地ブームの時ほどではありませんが、納骨堂、霊園の「名義貸し」の問題は一部の宗教法人の経営の面に暗い影を投げかけています。

ここでいう「名義貸し」の問題とは形式的には、宗教法人名義で霊園等の開発申請をしていますが、実質的には開発業者などの非宗教法人が経済的な出費を負担している場合の事です。

お金を出している人が寺院等の経営に口出しをしなければ問題にはなりにくいのですが、たいがい口出しをします。出来上がって納骨壇・お墓の分譲が終わったあとは、宗教法人に経営を委せてしまえばよいのですが、契約成立時の業者に都合のよい条項をたてに「ああでもない、こうでもない」と細かく注文をつけてきます。

宗教法人側か、当初開発計画時に私どもにご相談をなさっていたら多分こんなことにはならなかっただろうと思います。と今更愚痴っても仕方ありませんが、これからでも遅くはありませんのでどうぞご相談下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA