相続問題演習 解説

<解説>

souzoku_2016_07_15

 


①について
相続とは、被相続人(=お亡くなりになった方)の財産に関する一切の権利義務を
その配偶者、子等の相続人が受け継ぐことをいいます。

配偶者は常に相続人になります。これに対し、子、父母、及び兄弟姉妹のような
血族相続人(=平たく言えば、血がつながっている相続人です。「血」は、
自然血族のみならず、養子のような法定血族を含みます。)には、順位があります。

血族相続人の順位は、次の通りです。

第1順位:
第2順位:父母
第3順位:兄弟姉妹

以上により、この事案において、相続人となるものは、

妻B及び子C・Dです。


②について
上述の通り、相続とは、被相続人(=お亡くなりになった方)の財産に関する
一切の権利義務をその配偶者、子等の相続人が受け継ぐこといいます。
この「一切の権利義務」には、借入金等の消極的財産(マイナス財産)も含まれます。

従って、借金1500万円も相続されます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA